紆余曲折あった転職活動

わたしは、それまで保険のセールスレディを新卒から3年半してきました。しかし、成績が本当に厳しくなったので、勢いで辞め、そこから転職活動をしました。もう営業は懲り懲りだと思ったのと、結婚してからのことを考えてライフワークバランスがとれる事務職を考えました。転職サイトに登録して、やっと面接が通った企業に就職しましたが、そこは雰囲気が悪くて、わたしの上司になる人がピリピリ。わたしもびくびくしてしまって上手くいかず、1週間で向こうから辞めて欲しいと言われました。そこから、もう次は失敗したくないと考え、知人にお勧めしてもらったリクルートエージェントに登録しました。その後すぐにエージェントの面接に行くと、担当は40代くらいの優しそうな方でした。見た感じ信頼できるなーと思いながら、退職理由や今後の希望を聞いてもらいました。そこで、当初は事務職を考えていたのを、事務職+内勤営業のような幅広い仕事の方がいいんじゃないかとアドバイスいただきました。確かに、何となく事務職と考えただけで、わたしの希望はライフワークバランスが取りやすいのと、社内の雰囲気がいいとこぐらいです。そして、わたしの性格的に単純作業がそこまで得意でないことや、自分で自由に動ける仕事が良い等と様々考えると、路線変更がいいと思い直しました。担当の方によると、事務職はやっぱり求人が少なく、競争倍率が高いそうです。また、企業側も経験者を求める傾向にあるようで、20代後半になったわたしは難しいようでした。その日は担当の方より数社の紹介をもらい、職務経歴書を家で作りました。その後も数社の案内をもらい、3次面接まで行って決まったのが今の会社です。担当の方とは、基本的にはメールでやり取りしてましたが、面接の前後には電話をもらい、アドバイスをいただきました。特に覚えているのは、面接の際に気持ちを表すことです。わたしは、どうしても論理的になりすぎてしまうことがありましたが、このアドバイスのお陰で受かることができたと思っています。

医師 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です