転職を考えて、人生を考える

営業として、会社に入社して5年、社会人としてのマナーや営業としてのノウハウもついてきた時、転職を考えました。給与はまだまだ納得できるものではありませんでしたが、会社に大きな不満があったわけではありません。きっかけは、当時付き合っていた彼女との結婚を考え始めた時、家族を養うのに結婚をしてから転職をするわけにはいかないと考えて、転職するか、今働いている会社で一生働いていくかを天秤にかけて考えたのです。その時、私は営業として、固定客もつき成績も安定しており、会社からも評価されてきていました。
営業としての自信もつき、もっと給与水準の高い会社でもやっていけるという思いもありました。ステップアップする為の転職です。逆に、今の会社で経営者まで登りつめて行こうかという考えもありました。それは、大企業で働くか、中小企業で社長をするか、大袈裟ですが、どちらの人生を選ぶかという分岐点でした。
転職は人生の分岐点のひとつです。簡単に考えてはいけないと思い、双方のメリット、デメリットを箇条書きにして、考えてみました。
転職のメリットは、やはり給与や待遇面を大きく向上させることができるかもしれないことです。営業としての自信がありましたので、それは可能だと思いました。デメリットは、職場環境は入社してみないとわからないことです。嫌な上司がいるかもしれない、年下の後輩もいる、残業は増えるかもしれない。今の職場のメリットは、固定客もできていて、今後出世も見込める。仕事や環境に慣れている。デメリットは、頑張っても中小企業であり、給与や環境には限界がある。
このような、メリット、デメリットを比較しながら、転職サイトで、色々と企業情報を調べました。調べてみて感じことは、転職後の環境は入社してみないと分からないことがたくさんあるということでした。思っていた条件と違うかもしれない、それは、きっと面接をしても感じるであろうと思いました。思っていた以上に、転職後のリスクは大きいことを感じました。そして、私は今ら結婚して同じ職場で管理職をしています。よく考えての決断なので、前を向いて進んでいけています

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

わたしの退職理由

わたしは33歳の既婚女性で、教育業の内勤営業を6年半続けていました。しかしながら 昨年より転職を考え始め、今年の1月に転職をしました。今回はその体験をご紹介します。転職を真剣に考え始めたのは、昨年3月頃です。1番の理由はストレスで、その原因は上司との人間関係でした。その方は営業所で1番トップの役職の方でしたが、短気で、人によって態度を変える方でした。また、自分の思う通りにならないと、大声を上げて怒ったり、1日中イライラしていることも毎日のようにありました。そうなってしまうと誰も止められません。社内がシーンとして、気まずい雰囲気が流れました。そういった方だったので、わたしは、そんな上司に対して苦手意識を持ってしまい、びくびくして、思ったことをハッキリ言うことができないこともありました。その度に怒られるしんどい毎日で、正直目をつけられていました。でも仕事自体は慣れてきて、どんどん楽しくなっていたので、何とかやっていたんです。だから一昨年に結婚をしましたが、結婚をしても辞める気持ちは全くありませんでした。しかし昨年の3月頃、寝付きが悪かったり、寝ても途中で起きることが続きました。もともと睡眠不足だったのが、今回は週に何日も3時間睡眠の日が出たんです。その日は頭が一日中ボーッとしてしまって、仕事のミスが増え、上司から叱責されることが多くなりました。それでまたストレスを感じる悪循環です。やはり家事の時間が増えたことで、自分の時間が減って気分転換ができなくなっていたんだと思います。不安感も強くなり、仕事中に急に動悸が出たり、下痢も続きました。そこでやっと心療内科に行き、半年薬を服用しました。その時に、もう長くは仕事を続けられないと思ったんですが、変な前向きさが出て、少し頑張ってしまったんです。でも、それが治まったら今度は身体中に発疹が出てくるようになりました。皮膚科へ行ったら、やはりストレスが一因だと診断されました。そこで、好きな仕事だけどやっぱりもう続けられないと思い、やっと退職を決意したんです。そこから4か月の今、わたしは新しい職場で働いています。そこで思うのは、転職をするのはエネルギーもいるし、不安なことも多いけど、勇気を持って一歩踏み出さなきゃいけないということ。また、転職のエネルギーがある時に動くのは大切なので、わたしみたいに体調を崩す前に辞めるのをお勧めします。

医師 転職 産業医 女性 ママ

紆余曲折あった転職活動

わたしは、それまで保険のセールスレディを新卒から3年半してきました。しかし、成績が本当に厳しくなったので、勢いで辞め、そこから転職活動をしました。もう営業は懲り懲りだと思ったのと、結婚してからのことを考えてライフワークバランスがとれる事務職を考えました。転職サイトに登録して、やっと面接が通った企業に就職しましたが、そこは雰囲気が悪くて、わたしの上司になる人がピリピリ。わたしもびくびくしてしまって上手くいかず、1週間で向こうから辞めて欲しいと言われました。そこから、もう次は失敗したくないと考え、知人にお勧めしてもらったリクルートエージェントに登録しました。その後すぐにエージェントの面接に行くと、担当は40代くらいの優しそうな方でした。見た感じ信頼できるなーと思いながら、退職理由や今後の希望を聞いてもらいました。そこで、当初は事務職を考えていたのを、事務職+内勤営業のような幅広い仕事の方がいいんじゃないかとアドバイスいただきました。確かに、何となく事務職と考えただけで、わたしの希望はライフワークバランスが取りやすいのと、社内の雰囲気がいいとこぐらいです。そして、わたしの性格的に単純作業がそこまで得意でないことや、自分で自由に動ける仕事が良い等と様々考えると、路線変更がいいと思い直しました。担当の方によると、事務職はやっぱり求人が少なく、競争倍率が高いそうです。また、企業側も経験者を求める傾向にあるようで、20代後半になったわたしは難しいようでした。その日は担当の方より数社の紹介をもらい、職務経歴書を家で作りました。その後も数社の案内をもらい、3次面接まで行って決まったのが今の会社です。担当の方とは、基本的にはメールでやり取りしてましたが、面接の前後には電話をもらい、アドバイスをいただきました。特に覚えているのは、面接の際に気持ちを表すことです。わたしは、どうしても論理的になりすぎてしまうことがありましたが、このアドバイスのお陰で受かることができたと思っています。

医師 転職